« WindowsXPでタスクトレイのアイコンが消えた時の復活方法 | トップページ | 連携テスト »

2010年2月13日 (土)

tortoiseHGでWinMergeを使う

プログラムのバージョン管理にTortoiseHG(Mercurial)を使い始めたのですが、マージとDiffにWinMergeを使おうとしたときに設定しなければならなかったのでメモです。

(WindowsXP, TortoiseHg 1.1.1)

<<< hgrc.d/MergeTools.rc >>>
winmergeu.args=/e /x /wl /ub /dl other /dr local $other $local $output
winmergeu.args=/e /x /wl /ub /dl Base /dr Other $local $output $other

(Windows7, TortoiseHg 0.9.3)

<mercurial.ini>

[merge-tools]
winmergeu.regkey=Software\Thingamahoochie\WinMerge\
winmergeu.regname=Executable
winmergeu.priority=-10
winmergeu.args=/e /ub /dl Base /dm Local(Output) /dr Other $local $output $other
                                 ↑ 3ファイルの並び順を変更しています
winmergeu.fixeol=True
winmergeu.gui=True

[extdiff]
cmd.WinMerge = C:\Program Files (x86)\WinMerge\WinMergeU.exe
opts.WinMerge = /r /e /x /ub

|

« WindowsXPでタスクトレイのアイコンが消えた時の復活方法 | トップページ | 連携テスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: tortoiseHGでWinMergeを使う:

« WindowsXPでタスクトレイのアイコンが消えた時の復活方法 | トップページ | 連携テスト »