« 2010年10月 | トップページ | 2012年8月 »

2011年3月

2011年3月13日 (日)

会社で地震にあいましたが、翌日無事に帰宅しました

秋葉原の自社の会議室で地震にあいました。
避難訓練が現実のこととなり、老朽化したビルから脱出して外で人数確認が行われました。とっさにコートをひっかけて出てきたものは良かったのですが、上着も着ずにそのまま出てきた人も多く、寒い外での待機時間が非常に長く感じました。
その後、帰宅許可が出たのですが、電車が動いておらず帰れない人は会社で待機となりました。親会社が備蓄してあった水のペットボトルと非常食のクッキーは本当に助かりました。
数人のメンバーでレンタカーを借りようという話になり、寒い中探し回ったのですが既に全て出払っており、道も大渋滞だったので諦めて飲み屋に入りました。どこの店も帰れない人たちでいっぱいだったのですが、怪しい韓国料理屋を覗いたら空いてたので、ひとまず暖をとることが出来ました。暖かいマッコリを頼んだら[そんなものは無い]と怒られ、プルコギと熱燗。
そこそこで切り上げ、今度はホテルを探し回ることにしたのですが、当然どこもガチ満室で、ロビーにも多くの人が待機している状況でした。
結局は二駅ぐらいの距離にある上司の家に泊めてもらえることになりました。
電車が動き出す事を期待して遅くまで寝かせてもらったのですが、伊勢崎線は動いておらず迂回して帰りました。浅草から東松戸までの浅草線は同様の人たちで土曜日の午前10時にはあり得ないラッシュでしたが、南越谷までの武蔵野線はさすがに空いててホッとしました。
復旧を翌日まで待ったにもかかわらず普段1時間のところを2時間半かけて正午過ぎに帰宅しました。
家には全く損傷は無かったのですが、キャスター付きのデスクは壁から20cmぐらい動いていて 、不安定に積んであった雑誌等が床に散らかっていました。
今回、携帯からの通話発信は全くかからなかったのですが、スマートフォンのIP接続は支障ありませんでした。家族の安否はgmailですぐに確認できたし、信憑性はありませんがtwitterからかなり情報を得ることができました。
あと信憑性のある情報としては携帯のワンセグでNHKをチェックできたのが安心でした。
AU携帯の地震速報がすごい音出すんだけど、鳴ったときはほぼ揺れなくて、鳴らない時にそこそこの揺れがあったりして、もはやオオカミ少年。
東北の被災地域に比べれば関東圏など防災訓練があったぐらいの事かと。甚大な数の被災者の方々を案じつつ、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2012年8月 »