WINアプリ:GhostBoard

画面の最前面に半透明でクリップボードのテキストを表示するツールです。

Google Codeに引越ししました。

最新のソースコード、使い方などGoogle Codeを参照してください。

 

<以下、過去の内容>

ボケてきてちょっとした文字の羅列を覚えるのが難しくなってきたので、画面の最前面にテキストメモを表示するツールを作りました。

半透明表示で操作を透過させているので最前面でも邪魔にならないようになっています。

クリップボードを監視していて同じ文字列を2回コピーするとその文字列が取り込まれます。

● 使い方
圧縮ファイルを解凍してできたEXEファイルを適当な場所に置いて実行してください。
GhostBoardの移動やリサイズなどの操作はCtrl+Altを押しながら行ってください。

●履歴

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WINアプリ:GhostBoard:

コメント

GhostBoardが非常に便利で良いです
が、
WindowsXP32bitから7Professionalの64bitにしたところ
GhostBoardを実行しようとすると
FAIL:RegisterHotKey(): history prior
と出て使えません。使えてますか?

バージョン1.1.21でインストーラー付きも、zipを解凍したものも同じです。
管理者として実行や互換モードXPで実行などでも実行できません。

これ無いと作業効率が全然違いますので何とかなりませんかね~

投稿: 加藤 | 2011年4月 6日 (水) 16時44分

加藤様

ご連絡ありがとうございます。

FAIL:RegisterHotKey(): history prior

のエラーですが、
GhostBoard起動前に前履歴(defaultでCtrl↑)のHotキーが登録されていて、GhostBoardでHotキー登録ができない旨のメッセージです。

GhostBoardの設定で前履歴のホットキーの設定を変更するか、他のアプリでのホットキー設定を変更することで回避できると思います。

私が知っているCtrl↑を使うアプリとしては、ディスプレイ制御ユーティリティがあったのですが、いかがでしょうか。

投稿: くす | 2011年4月 6日 (水) 18時32分

SettingでCtrlからAltに変更して使えるようになりました。
ありがとうございました。

投稿: 加藤 | 2011年4月 8日 (金) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)